img
セキュリティポリシー
株式会社ホットライン(以後当社)は、以下のポリシーのもと、セキュリティの確保に細心の注意を払います。当社は、セキュリティ保持にあたり、すべての関係者において以下のポリシーを遵守し、万が一セキュリティの脅威が存在した場合、その影響範囲と被害を最小限に抑制することのできる体制をとることをお約束いたします。また、常にセキュリティに関しての情報を収集し、セキュリティの確保に努めます。
<個人情報利用目的について>
当社は事前に公表、明示している利用目的の範囲を超えて、個人情報を利用することはありません。当社が個人情報を収集・利用する場合は、主に利用目的を、当社のホームページに掲示するなどの方法により公表いたします。
当社が、個人情報を利用する目的は、以下のとおりです。
商品やサービスをご案内するため
商品やサービスを安全にご提供するため
個人情報を統計的に集計・分析し、個人を識別・特定できない形態に加工した統計データを作成のため
当社取扱製品に関する情報、セミナー・展示会等のご案内
お問い合わせ時のご本人確認、内容確認、ご依頼頂いた事項への対応のため
採用に関するご応募いただく場合の資格審査のため
今後の製品の開発、サービス開発、販売等のため
ご購入いただいたお客様への製品に関するご連絡
<データ取り扱いについて>
当社は、データ(企業情報、個人情報等)は、インターネットに公開された領域には保管せず、ファイアウォールで遮断された信頼できる領域に保管します。
<データの一括管理>
作業を行なう度にデータをサーバからダウンロード、作業が終わるとサーバにデータをアップロードし、クライアント機にデータを保存しないようにしております。
※クライアント機・・・各個人が使用しているパソコン
<サーバへの不正侵入の防止>
当社は不正アクセスに対してセキュリティが保たれるようファイアウォールを構築しております。万が一、ファイアウォールを突破された場合でも、厳重なパスワード管理によってサーバへの侵入を防ぎます。
<データの完全消去>
フロッピーディスク、CD-ROM、ハードディスクを処分する場合、完全にデータが消えるように物理的、論理的に破壊作業を行い処分いたします。
<セキュリティの脅威への対応>
万が一、セキュリティの脅威が発生した際には、状況の正確な把握と冷静な対応に努めます。
<情報セキュリティ管理体制の構築>
情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、情報セキュリティ管理体制を構築していきます。
<社員教育の徹底>
全社員及び派遣社員にセキュリティ教育・訓練を徹底し、セキュリティ対策を厳守するよう努めており入社、退社時に『秘密保持契約書』を交わしております。また、刻々と変わる状況に対応できるよう、教育・訓練を継続して行っていきます。
<外部委託先の管理体制強化>
外部委託を行う際には、外部委託先としての適格性を審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持できる外部委託先の選定に努めております。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていきます。
<紙媒体の破棄方法>
トラッシング(ゴミ箱漁り)から情報が漏えいする可能性に備え、契約書、個人のメモ(パスワードのヒントもしくはパスワードそのもの)、付箋等、顧客情報、個人情報、企業情報が漏れてしまう可能性があるものは、シュレッダーにかけて解読不可能にしてから破棄しております。
ページ最上部へ
[ セキュリティポリシー ] Copyright © 2001 hotline inc. All Rights Reserved.